So-net無料ブログ作成
検索選択

愛されるために生まれたあなたへ・・・。私たちは、栃木県小山市にあるプロテスタントのキリスト教会です。

希望のない世界に置かれても [祈りの言葉]

私たちの天の父なる神様。
イエス様は言われました、「わたしはすでに世に勝ったのです」と。
このことばを思い巡らすとき、困難や苦しみの中に立たされても、必ず勝利の日が来ると信じられるような気がします。
もし墓場のように希望がない世界に落ち込んでいても、イエス・キリストのゆえに、その墓が破られることをかたく信じていかなければと思います。
イエス様の復活は、私たちの人生途上において、どのような意味を持つのでしょう…。
それは墓を破られたイエス様が共にいてくださるので、私たちがどんなに希望のない世界におかれても、そこに閉じ込められることはないのだということではないでしょうか。
復活されたイエス様のゆえに、そこから立ち上がっていく者とならせてください。
イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン
祈り.jpg

タグ:祈り
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

2017年 8月 13日(日) [今週の礼拝(恵みの扉)]

『平和を選ぶ者へ』


<礼拝メッセージの概要>
聖書と十字架.jpg


<聖書の言葉> 創世記 26:12-22/新約聖書
ペテロの手紙第一 3:10-11 
いのちを愛し、幸いな日々を過ごしたいと思う者は、舌を押さえて悪を言わず、くちびるを閉ざして偽りを語らず、悪から遠ざかって善を行い、平和を求めてこれを追い求めよ。

 1945年8月15日敗戦の日から72年目の今年。私たちは繰返し平和を求めていきたいと思います。
 アブラハムの息子イサクは平和を選び、平和を求めた人でした。
 イサクが神様の祝福を受けて豊かであったことが周辺の人々の妬みとなり、人々は彼の井戸を埋め、ここから出て行くようにと告げたのです。妬みは人を争いに巻き込み、人の幸せを脅かす力があるのです。
 この時、イサクの前に二つの道がありました。戦う道と平和の道。彼は平和の道を選んでそこを去り、別な井戸を掘りました。井戸を埋められるという嫌がらせが行く先々で続きましたが、彼はそこを離れ、別な井戸を掘りました。道は決して一つではありません。平和の道が必ずあるのです。
 イサクが平和の道を選び続けた時、不思議なことが起きました。彼を追い出した張本人たちが訪ねて来たのです。平和の契約を結びたいと。神様がイサクとともにいて彼を祝福していることを認めたからでした。悪から遠ざかり、平和を選び、平和を求めて生きる者の祝福がここにあります。
http://twitsound.jp/musics/tsmov6AqX

☆★☆ 次週 2017年 8月 20日(日)の予定 ☆★☆
『パウロの期待』 ※ファミリー礼拝
  <聖書の言葉> コリント人への手紙第二 12:19-21/新約聖書
タグ:聖書のお話
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog