So-net無料ブログ作成
検索選択

愛されるために生まれたあなたへ・・・。私たちは、栃木県小山市にあるプロテスタントのキリスト教会です。

子どもたちへ! “ちっちゃな夏まつり” ですよ!! [スペシャル☆ニュース!]

『教会で… ちっちゃな 夏まつり』 に来ませんか?


毎年行っているこのイベント。基本的にゲーム大会です。
[exclamation×2]いろいろなゲームを楽しんで・・・、ポイントをためて・・・、そして、おやつをもらっちゃおう![exclamation×2]

どなたでも参加できます。お金はかかりません。
ぜひ皆様、お出かけ下さい。心よりお待ちしております。
☆7月23日(日) 午後2:00~3:30
夏まつり 2017.jpg

タグ:お知らせ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2017年 7月 16日(日) [今週の礼拝(恵みの扉)]

『苦しみと誇り』


<礼拝メッセージの概要>
聖書と十字架.jpg


<聖書の言葉> コリント人への手紙第二 11:22-28/新約聖書
11:29-30 だれかが弱くて、私が弱くない、ということがあるでしょうか。だれかがつまずいていて、私の心が激しく痛まないでおられましょうか。もしどうしても誇る必要があるなら、私は自分の弱さを誇ります。

 人が自分のことを真剣に思っているかどうか何によって知れるでしょう。行動がそれを物語るのです。
 自分の利益のために教会で奉仕をする偽教師は教会を迷わせ欺いてきました。教会はそれになかなか気づきません。パウロは彼らの目を覚まさせるために誇るようにして自分のことを明らかにしていきました。
 パウロが自分のことを話す中で言いたかったことは、神のしもべとしての苦しみの経験でしょう。神の福音のために自分を犠牲にし、耐えてきたのです。教会の人たちのためにたくさん心を使い、自分も弱るほどだったのです。これこそ偽教師たちが決してしてこなかったことです。
 神のしもべとして真剣に教会に仕える者なら、真実の愛をもって教会のために奉仕するのなら、苦しみを引き受け、弱さを覚えることもあるのです。偽者にはこの主張はできないし、実際に経験もないでしょう。
 私たちは、人々に対する真実の愛を貫き、神のしもべとして生きるこのパウロの姿を心に刻みたいと思います。
http://twitsound.jp/musics/tsHONKtyT

☆★☆ 次週 2017年 7月 23日(日)の予定 ☆★☆
『弱さを誇る』
  <聖書の言葉> コリント人への手紙第二 12:1-10/新約聖書
タグ:聖書のお話
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog