So-net無料ブログ作成

愛されるために生まれたあなたへ・・・。私たちは、栃木県小山市にあるプロテスタントのキリスト教会です。

2017年 4月 16日(日) [今週の礼拝(恵みの扉)]

『なぜ泣いているのですか』 ※イースター礼拝


<礼拝メッセージの概要>
聖書と十字架.jpg


<聖書の言葉> ヨハネの福音書 20:11-18/新約聖書
20:18 マグダラのマリヤは、行って、「私は主にお目にかかりました」と言い、また、主が彼女にこれらのことを話されたと弟子たちに告げた。

 イースターおめでとうございます!この喜びが皆様の上に豊かにありますようにお祈りいたします。
 イエス様が十字架で死んで3日目の日曜日の朝、マグダラのマリヤはイエス様の墓に来ていました。そこはマリヤにとって悲しみの場所、そしてかすかに生前のイエス様に近づける場所でした。
 マリヤの悲しみは深いものでした。復活されたイエス様から「なぜ泣いているのですか」と呼びかけられても気づかないほどでした。希望も持てなくなった今、人の声は十分に聞こえず、心にも届かないのです。
 しかしこの時、マリヤは聞いたのです。自分の名を呼ぶ優しい愛に満ちた声を。「マリヤ」、この呼びかけは彼女を悲しみから立ち直らせることとなりました。マリヤは復活のイエス様に出会うことができたのです。
 イエス様は生きておられます。ここに希望があるのです。悲しみが喜びに変えられる、それはこの復活のイエス様との出会いによってです。

☆★☆ 次週 2017年 4月 23日(日)の予定 ☆★☆
『神の御心に添った悲しみ』  
  <聖書の言葉> コリント人への手紙第二 7:5-16/新約聖書
タグ:聖書のお話
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog