So-net無料ブログ作成

愛されるために生まれたあなたへ・・・。私たちは、栃木県小山市にあるプロテスタントのキリスト教会です。

2017年 4月 9日(日) [今週の礼拝(恵みの扉)]

『完了した』※キリストの受難週


<礼拝メッセージの概要>
聖書と十字架.jpg


<聖書の言葉> ヨハネの福音書 19:17-30/新約聖書
19:30 イエスは、酸いぶどう酒を受けられると、「完了した」と言われた。そして、頭をたれて、霊をお渡しになった。

 罪のないイエス様はまるで犯罪人のように扱われて十字架にかけられ死なれました。このイエス様の十字架の死にはどのような意味があったのでしょうか。
 一つのことが「終わった」時でした。もはや手段を選ばないユダヤ人たちの嫉妬心はこの時、イエス様の死をもって終わったのです。
 しかしこの時、イエス様は大切なことを「達成した」のです。最初の人間が罪を犯したその罪の歴史の初めから神様が計画された罪人を救うという神様の愛の御心の達成です。イエス様が私たち罪人の身代わりとして罪がさばかれたのです。それは聖書の預言の成就でした。
 そして全てが「完了した」のです。私たちの罪は赦され、罪から解放され、神の義をいただきました。すなわち永遠のいのちが与えられ、新しい人となり、私たちは今まさに神の子どもです。贖いの完成です。

☆★☆ 次週 2017年 4月 16日(日)の予定 ☆★☆
  『なぜ泣いているのですか』 ※イースター礼拝
  <聖書の言葉> ヨハネの福音書 20:11-18/新約聖書
タグ:聖書のお話
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog