So-net無料ブログ作成

愛されるために生まれたあなたへ・・・。私たちは、栃木県小山市にあるプロテスタントのキリスト教会です。

2017年 4月 2日(日) [今週の礼拝(恵みの扉)]

『この人には罪を認めません』


<礼拝メッセージの概要>
聖書と十字架.jpg


<聖書の言葉> ヨハネの福音書 18:28-40、19:1-16/新約聖書
19:6 ピラトは彼らに言った。「あなたがたがこの人を引き取り、十字架につけなさい。私はこの人には罪を認めません。」

 イエス様はユダヤ人の指導者たちによる裁判を経て、ローマ側による裁判を受けることになりました。
 総督ピラトにイエス様の命は預けられることになりました。ピラトは最初、ユダヤ人指導者に差し戻そうとしましたがそれは叶(かな)わず、次には釈放しようとしたり、むち打ちによって人々を納得させようとしました。ピラトには「この人には罪は認められない」という答えは出ていたのです。
 イエス様こそ私たち罪人のための救い主、この方こそ真理そのものであるにもかかわらず、人々は真理から遠ざかっていきました。ピラトは大多数の意見に乗ったり、自分の利益を優先しました。ユダヤ人指導者たちは目的達成のためなら手段を選ばず、また自分から罪の中に留まる道を選んでいきました。
 しかし、このようにして罪のないイエス様がまるで罪人、犯罪人のように扱われて十字架へと向かわれました。これはまさにピラト、ユダヤ人指導者、そして私たちすべての身代わりとなるためだったのです。

☆★☆ 次週 2017年 4月 9日(日)の予定 ☆★☆
  『完了した』 ※キリストの受難週
  <聖書の言葉> ヨハネの福音書 19:17-30/新約聖書
タグ:聖書のお話
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog