So-net無料ブログ作成

愛されるために生まれたあなたへ・・・。私たちは、栃木県小山市にあるプロテスタントのキリスト教会です。

2016年 6月 26日(日) [今週の礼拝(恵みの扉)]

『眠れない夜に訪れる平安』


<礼拝メッセージの概要>
聖書と十字架.jpg


<聖書の言葉> サムエル記第2 16:5-14/旧約聖書
詩篇 3:5-6 私は身を横たえて、眠る。私はまた目をさます。主がささえてくださるから。私を取り囲んでいる幾万の民をも私は恐れない。

 眠れない夜を過ごすことはとても辛いことです。ももちろん理由があってのことですが・・・。
 ダビデ王は自分の息子に命を狙われたため、都を離れ逃亡する道を選びました。また、逃亡先では呪いの言葉を投げつけて来る人が近づいて来て、さらに精神的に追い込まれることになりました。
 余裕がないため苛立ち、理不尽な言葉に応戦し、緊迫した状況の中で異常行動になってもおかしくないことだと思うのですが、ダビデはまったく違う姿を私たちに見せています。詩篇3篇がそれです。
 眠れない夜を過ごす程の状況の中でもダビデには平安がありました。体を横にして眠れたというのです。自分は大きな神様の力に囲まれている、自分の祈りは神様に届いている、神様は確かに自分を救い出して下さる、とダビデは確信していたからです。
 もし孤独を感じたら余裕はなくなるでしょう。しかし、いつも共にいるお方がいると確信できたら、私たちに訪れるのは神様の平安なのです。

☆★☆ 次週 2016年 7月 3日(日)の予定 ☆★☆
  『自分を点検する』 
  <聖書の言葉> ヨハネの手紙第一 3:4—10/新約聖書
タグ:聖書のお話
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

静けさを求めて [祈りの言葉]

私たちの父なる神様。
どうしようもないほど、今、あなたとの交わりを求めています。
一日の焦燥や世の騒がしさから逃れて、人の評価や私自身の心の複雑な思いから離れて、あなたの御前にある静けさを求めます。
どうか、神様の御力と御光を感じとる力を私たちに注いでください。
地にあるものの本来あるべき姿を見ることができる者となれますように。
あなたにあっては一日は千年のようであり、千年は一日のようであるという、この大いなる事実を知らせてください。
あなたの全ききよさを悟り、味わい、見つめることができますように。
そして、あなたの恵み深さをも・・・!
私たちの救い主であるイエス様のお名前によってお祈りします。アーメン
祈り.jpg

タグ:祈り
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2016年 6月 19日(日) [今週の礼拝(恵みの扉)]

『人生の挫折の中で見る光』 ※特別礼拝


<礼拝メッセージの概要>
聖書と十字架.jpg


<聖書の言葉> 詩篇 51:1-17/旧約聖書
17 神へのいけにえは、砕かれた霊。砕かれた、悔いた心。
  神よ。あなたは、それをさげすまれません。

 挫折を経験したことがあるでしょうか。挫折には不本意な形で起こるものもありますが、自分の問題が原因で起こる場合もあります。ダビデ王は自分の失敗から始まりました。
 姦淫と殺人、彼は重大事件を起こしました。なぜこんなことになってしまったのでしょうか。人々から尊敬され、神様にも愛されていたのに…。
 「立っていると思う者は、倒れないように気をつけなさい。」
 ダビデの高ぶりが罪への入口であったように思います。自分の力への過信と余裕、やがて彼の心は隙だらけになったようです。
 しかし神様はダビデを再生への道に導かれました。預言者を通じて神様の言葉、光が届けられたのです。彼は自分の罪を認めました。言い訳はなく、ただ悔い改めました。人が罪を自覚した時、何とかして罪の責めから抜け出したいと人は出口を捜すのです。神様はそのきっかけさえも用意して下さいました。神様の深い愛と憐みによるものです。
 イエス様の十字架は私たちへの呼びかけそのものです。「私も罪人の一人です」と認めるなら、そこに罪の赦しの道があるからです。そして罪人の私たちも神様の愛の光の中に再生されるのです。

☆★☆ 次週 2016年 6月 26日(日)の予定 ☆★☆
  『眠れない夜に訪れる平安』 ※特別礼拝
  <聖書の言葉> サムエル記第2 16:5-14/旧約聖書
タグ:聖書のお話
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

すぐに行き詰る私たち [祈りの言葉]

私たちの父なる神様。
イエス様は語られました。
「何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい。」(マタイの福音書)と。
この御言葉の前に立つ時、私たちは自分の自己中心さを強く示されるのです。
他の人の必要のために積極的に関わることの出来ない自分自身の姿がはっきりと見えてきます。
他の人に対しては、願うことも期待することたくさん出てきますのに、「それと同じことを相手にする」と言われるとすぐに行き詰まり、出来ない自分たちの姿に気付くのです…。
神様、どうか、自己中心で無力なこの私たちを憐れんでください。
このような私たちを通してであっても、ただあなたのみ心がなりますようにお祈りいたします。
私たちの救い主であるイエス様のお名前によってお祈りします。アーメン
祈り.jpg

タグ:祈り
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2016年 6月 12日(日) [今週の礼拝(恵みの扉)]

『報われないようであっても』 ※特別礼拝


<礼拝メッセージの概要>
聖書と十字架.jpg


<聖書の言葉> サムエル記第1 24:1-18/旧約聖書
ローマ人への手紙 12:9 愛には偽りがあってはなりません。悪を憎み、善に親しみなさい。

 つぶやいたことがあるでしょうか。「なぜ私がこんな酷い目に合わなければならないのか…」と。
 ダビデは初代のサウル王から理不尽な扱いを受けていました。原因はサウル王自身にありましたが、妬みはやがて殺意へ。ダビデは逃げることを選びました。同行した部下は報復の思いに揺れ動いていました。
 報復するチャンスが訪れた時、ダビデは勢いづく部下を説得し、善に生きる道を選びました。決して報復しないと…。ダビデは神様を恐れる者として決して自らの手でやり返すことを選ばなかったのです。ダビデには神様への確かな信頼と信仰があり、冷静な行動となりました。
 ダビデの生き方は馬鹿げているでしょうか。善いことをしても報われない相手になぜ…。しかし、私たちは人を裁くことができる正しい者なのでしょうか。あの人も罪人、私も罪人。人に石を投げられない者なのです。むしろ私たちはイエス様の愛と真実の模範に倣い、へりくだって歩みたいと思います。報われないようであっても善を行いたいものです。

☆★☆ 次週 2016年 6月 19日(日)の予定 ☆★☆
  『人生の挫折の中で見る光』 ※特別礼拝
  <聖書の言葉> 詩篇 51:1-17/旧約聖書
タグ:聖書のお話
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

やがて喜びに・・・ [祈りの言葉]

私たちの父なる神様。
私たちは、日々の歩みで「なぜ? どうして?」と問わずにいられない出来事と向き合っています。
そして、「あぁ! 神様は私たちと共にいらっしゃる…」という神様の慈しみを感じ、慰められることがあります。
どちらにしても、私たちはあなたの不思議なご計画を受けとめていきたいと思います。
現状に縛られたり、心奪われるのではなく、あなたのご計画の中にある希望を見つめ、あなたを信頼して歩みます。
今の悲しみは、やがて喜びに変えられることを信じます。
神様、どうか、私たちの歩みを支え、諦めることのないようにお守りください。
私たちの救い主であるイエス様のお名前によってお祈りします。アーメン
祈り.jpg

タグ:祈り
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2016年 6月 5日(日) [今週の礼拝(恵みの扉)]

『あなたは決して小さくはない』 ※特別礼拝


<礼拝メッセージの概要>
聖書と十字架.jpg


<聖書の言葉> サムエル記第一 16:6-13/旧約聖書
ヨハネの福音書15:16 あなたがたがわたしを選んだのではありません。わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命したのです。

 私たちには人から認められたいという欲求があります。それは安心材料になり、自信になります。ところが、私たちはその欲求を満たすために、時には自分を大きく見せようとする思いが知らぬ間に働くことがあります。
 神様は小さき者に目と止めておられます。イスラエル人は世界から見てとても小さい存在でしたが、神様はそんな小さな民を神の民として選ばれたのです。取るに足りない者、見下されている者、存在の軽さの中にいる人を愛されます。ここに神様の不思議な選びがあります。
 イスラエルの2代目の王ダビデは末っ子でした。他の兄弟が全員呼ばれてもダビデには声がかかりません。他の誰もがダビデの兄たちに目を向ける中、神様は末っ子のダビデを選び王としました。
 私たちは実はとても小さい存在です。しかし小さな存在であることは神様の愛を受けることにおいて不利なことでは決してありません。むしろ、こんな私をも選び愛される神様の御声を聞き分けて歩みたいものです。

☆★☆ 次週 2016年 6月 12日(日)の予定 ☆★☆
  『報われないようであっても』 ※特別礼拝
  <聖書の言葉> サムエル記第1 24:1-18/旧約聖書
タグ:聖書のお話
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2016年 5月 29日(日) [今週の礼拝(恵みの扉)]

『神の子ども』


<礼拝メッセージの概要>
聖書と十字架.jpg


<聖書の言葉> ヨハネの手紙第一 2:28-3:3/新約聖書
3:2  愛する者たち。私たちは、今すでに神の子どもです。後の状態はまだ明らかにされていません。しかし、キリストが現れたなら、私たちはキリストに似た者となることがわかっています。

 イエス様が再び来られることを「再臨」と言います。ヨハネは今、その再臨を意識して語っています。
 キリストにとどまるようにと勧められています。それはキリストと共に歩むことであり、キリストに影響されて生きることでもあります。そこから離れた生き方をするとすれば、それはとどまっているとは言えないでしょう。
 ヨハネは「この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。」(ヨハネ1:12)と書き記しましたが、ここでヨハネは「私たちは、今すでに神の子どもです。」と書いています。私たち神の子どもたちは、やがて再臨の時にはキリストに似た者へと変えられていきます。
 キリストに似た者とされるのですから、私たちは今、神が義とされる道を生きるのであり、清められて生きるのです。クリスチャンの生活とはまさに、このキリストに似た者とされていくための日々なのです。

☆★☆ 次週 2016年 6月 5日(日)の予定 ☆★☆
  『あなたは決して小さくはない』 ※特別礼拝
  <聖書の言葉> サムエル記第一 16:6-13/旧約聖書
タグ:聖書のお話
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog