So-net無料ブログ作成

愛されるために生まれたあなたへ・・・。私たちは、栃木県小山市にあるプロテスタントのキリスト教会です。

『キリストのおっちゃん!』(公園の子どもたち:その2) [エッセイ/共に喜び、共に泣いて]

◆ 私が出会った人たち ◆ <連載11>


 「さあ、紙芝居を始めるよ~!」
 毎週土曜日の午後、公園に出没することになった私。タンバリンの音とともに子どもたちが集まり、楽しい聖書の紙芝居とひげのおじさんとの遊びのひと時。何度も来てくれるリピーターも増えていった。
 私もちょっとだけ有名人になったのかな?と思うエピソードがあった。
 銀行のATMに並んでいた時のことだった。私の前にいる母親の横にいた子どもが振り返り、まもなく「あ、キリストのおっちゃん!」と。「えっ!」と戸惑うお母さんに簡単に説明し理解をしていただいた。
 土曜日のある日、子どもがいくつもの花が咲いた梅の枝をプレゼントしてくれた。「お母さんから」。あまりにも嬉しい出来事に「これは御礼を言わないと…」と思い、子どもの帰宅に併せて家を訪ね、御礼を言うことができた。ご家族の理解と共に信頼を得ていることを知り、神様に感謝した。
 子どもたちの家族の理解と信頼はそれだけではなかった。
 「教会訪問ツアー」を企画したところ、家族の許可を得て何人もの子どもたちが教会に遊びに来てくれた。当時、まだ赤ちゃんだった息子にみんなが夢中になった。
 教会で恒例の夏のキャンプがあり、ダメだろうなと思いながら誘ってみた。すると、「お母さんが行ってもいいって!」との報告が届いた。誘った私の方がビックリ! 3泊4日のキャンプを一緒に楽しんだ。
 他にも、自宅を訪ねても快く受け入れてくれたご家族があった。子どもたちは自分の家にキリストのおっちゃんを招きたいと思ってくれていたからなのだ。
 こんなにもうまく事が運んでいた紙芝居の活動だが、それほど長くは続かなかった。

〔2017.09/ほっとひと息・第111号〕

タグ:エッセイ
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。