So-net無料ブログ作成

愛されるために生まれたあなたへ・・・。私たちは、栃木県小山市にあるプロテスタントのキリスト教会です。

2017年 6月 18日(日) [今週の礼拝(恵みの扉)]

『こんな私でもいいのですか』


<礼拝メッセージの概要>
聖書と十字架.jpg


<聖書の言葉> ルカの福音書 7:36-39/新約聖書
7:47 だから、わたしは 『この女の多くの罪は赦されている』と言います。それは彼女がよけい愛したからです。しかし少ししか赦されない者は、少ししか愛しません。」

 聖書にはストレートな紹介のされた方をしている人が登場します。それは「罪深い女」です。
 この女性はイエス様のいる場所を知ってやってきました。そしてパリサイ人シモンの家に招かれ食卓に着いていたイエス様の足を自分の涙でぬらし、髪の毛でぬぐい、足に口づけし、香油を塗ったのです。
 人の行動には理由があります。良く思われたくて善を行う人もいるでしょう。他人のために尽くす人の中には、償いの気持ちで行動する人もいるようです。その背後にその人自身の生き方が見えることがあります。
 この罪深い女はなぜこのようなことをしたのでしょう。彼女は自分の罪深さを知っていました。そしてイエス様によってその罪が赦されたのです。自分みたいに罪深い者をも愛し、赦し、受け入れて下さったイエス様の愛に応えたい、それが彼女の行動の背後にはあったのです。
 「こんな私でもいいのですか」と聞くことがあります。自分の弱さや罪深さなどを思っての言葉です。「そんなあなたでもいいのです」。

☆★☆ 次週 2017年 6月 25日(日)の予定 ☆★☆
『失敗の人生ではないのです』 ※特別礼拝<4>
  <聖書の言葉> ヨハネの福音書 9:1-7/新約聖書
タグ:聖書のお話
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0