So-net無料ブログ作成

愛されるために生まれたあなたへ・・・。私たちは、栃木県小山市にあるプロテスタントのキリスト教会です。

『さあ、紙芝居を始めるよ~!」(公園の子どもたち:その1) [エッセイ/共に喜び、共に泣いて]

◆ 私が出会った人たち ◆ <連載10>


 土曜日の午後、私は教会から比較的近くにある公園へと出かけて行った。楽しそうに遊ぶ子どもたちの声が聞こえて来る。
 紙芝居をすることが目的だった。御世辞にも絵が上手とは言えない私の手作り。昔ながらの紙芝居とはスタイルは全く違うもの。真っ黒のラシャ紙を貼ったボードに絵を貼り付けるようにしながらお話するというものだった。
 タンバリンを叩くと始まる。子どもたちがこちらに注目する緊張の瞬間。このタンバリンで私にスイッチが入る。
 「さあ、紙芝居を始めるよ~!」
 興味津々の表情を浮かべながら幼児や小学生たちが近づいて来る。ひげをはやした珍しいこのおじさん、何を始めるんだろう…? 子どもたちの興味は尽きない。
 短い簡単な子ども向けの教会の歌をタンバリンでリズムを取りながら歌う。さすが子どもたち。歌はすぐに覚えてくれた。
 お話はいつも聖書から。イエス様の話などを子どもたちは目をキラキラさせて聞いてくれた。聖書の言葉と絵が書いてあるミニカードと飴がお話を聞いてくれた子どもたちへのご褒美。
 実はお話の時間は短い。むしろその後の時間が長い。何をするのか…? 子どもたちとただ遊ぶのである。鬼ごっこ、だるまさんが転んだ、ジャンケンゲーム…。中には自分と家族のことをたくさん話してくれる子どももいた。手をつないできたり、背中におぶさってきたり、じゃれて来る子どももあった。初対面のひげのおじさんに心をゆるす姿に驚きながら、私は子どもたちの名前を覚えて名前で呼んだ。
 「また来週ね!」 子どもたちが一生懸命に手を振ってくれることは喜びだった。

〔2017.05/ほっとひと息・第110号〕

タグ:エッセイ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0