So-net無料ブログ作成
検索選択

愛されるために生まれたあなたへ・・・。   私たちは、栃木県小山市にあるプロテスタントのキリスト教会です。

2017年 4月 23日(日) [今週の礼拝(恵みの扉)]

『神の御心に添った悲しみ』


<礼拝メッセージの概要>
聖書と十字架.jpg


<聖書の言葉> コリント人への手紙第二 7:5-16/新約聖書
7:10 神のみこころに添った悲しみは、悔いのない、救いに至る悔い改めを生じさせますが、世の悲しみは死をもたらします。

 パウロは自分が書いた手紙によってコリント教会を悲しませることになったという後悔がありました。
 他人のために思いを尽くし力を尽くして行動する時、時には厳しいことも言わなくてはならないということが起こります。パウロは放置できないコリント教会の現実を憂い、厳しい言葉をもって語りかけたのでした。
 しかしコリント教会は神様に対する自分たちの罪を悲しみ、悔い改めたのです。それがまさしく「神のみこころに添った悲しみ」なのです。
 罪の結果を悲しむ人はいますが、罪そのものを悲しむ人は少ないのです。自分のために罪を後悔してやり直そうという人はいるかもしれません。しかし、神様に対して罪を悲しみ悔い改めることが求められています。

☆★☆ 次週 2017年 4月 30日(日)の予定 ☆★☆
『満ちあふれる喜びから』 ※ハッピーサンデー 
  <聖書の言葉> コリント人への手紙第二 8:1‐15/新約聖書
タグ:聖書のお話
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0