So-net無料ブログ作成
検索選択

愛されるために生まれたあなたへ・・・。   私たちは、栃木県小山市にあるプロテスタントのキリスト教会です。

『見えないものを見て生きる』 [バイブル・メッセージ]

 皆様、お変わりありませんか。
 さて、角度を変えて物事を見た時に、そこに新しい発見をするということがあります。いつも同じ目線、視点では見えてこないことがあるのだと気づかされます。
 次の聖書の言葉を読んでみてください。
 「ですから、私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています。
 今の時の軽い患難は、私たちのうちに働いて、測り知れない、重い永遠の栄光をもたらすからです。
 私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くからです。」(第2コリント4:16-18)
 この聖書の言葉から、普段とは違った視点で物事を見ることの大切さを教えられます。悩み、苦しみ、悲しみ…、それらを角度を変えて見てみたいと思います。
 「外なる人」は肉体、これは年齢と共に衰えていきます。しかし「内なる人」である魂は、神様への信仰、祈り、聖書の言葉により養われ、毎日新しくされるのです。だから勇気を失わず、失望しないのです。
 苦悩や試練は決して歓迎されるものではありませんが、一時的なものであるというのです。やがて天国において永遠の祝福の中に生きることを思ったら軽いものに見えて来るのだと。「今の時の患難」より「永遠の栄光」に目線を移した結果です。
 「見えるもの」は一時的、「見えないもの」はいつまでも続くとありますが、今見えている現実世界から逃げ出したくて言っているのではありません。最も価値あるもの、人生の目標をどこに置いて生きているかを問いかけているのです。
 疲れ、涙し、目の前が暗くなる出来事が続いても、希望を失わない生き方があることを知ってほしいと思います。-牧師-

〔2017.03/ほっとひと息・第109号〕

タグ:聖書のお話
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0